コンテンツ
■ホールボディカウンター検査のご案内
□平成25年2月1日、今後の健康管理を目的として、ホールボディカウンター車による体内の放射性物質・内部被ばく検査(ホールボディカウンター検査)を開始しました。
□ホールボディカウンター検査とは?
・測定した時点での体内に存在しているガンマ線の量を測定する装置です。放射性物質が野菜や魚介類等食物の摂取や呼吸によって体内に取り込まれ被ばくすることを「内部被ばく」といいます。体内に取り込まれた放射性セシウムは約90日で半分が体外へ排出されるため、体内の状況は日々変化しますが、測定日の「放射性物質の量」から「被ばく量」を推定していきます。
原発事故から1年以上過ぎた現在では、当時の影響を推定することは困難であるため、毎日の食事などからの摂取として推定することになります。
弊協会導入のホールボディカウンター(車両搭載)は、キャンベラ社の「FASTSCAN」という装置で、体内にある放射性物質から放出されるガンマ線を計測することで、体内に残留している放射性物質の種類とその量を調べることができます。
検査時間は約2分間です。
□検査の流れ

①受付(受診票記載)
②体表面汚染測定
③身長体重測定
④ホールボディカウンター測定方法ビデオの鑑賞
⑤ホールボディカウンター測定
⑥結果票お渡し・ご説明

□検査申込みをご希望される企業・団体様のお問合せ先
電話:03-3530-2132(渉外部)
住所・連絡先
東京都板橋区南町9番11号 【地図】
電 話:03-3530-2131(代表)
月~金 9:00~18:00
附属施設
一般社団法人労働保健協会 附属診療所
附属施設住所
上記所在地に同じ
事務センター住所・連絡先
東京都千代田区東神田2丁目10番15号 田中ビル7階 【地図】
電 話:03-5822-6320
月~金 9:00~18:00

フラッシュプレイヤーダウンロード
(C) RODOHOKEN-KYOUKAI Corporation. All Rights Reserved.